どうなることやら・・・

ぼっくり2

今日はばにー父の71回目の誕生日で・・・お父さんの希望でスシ&コリアンBBQの食べ放題ランチへ行ったのですが・・・家に帰ってきて「ううう、お腹一杯、苦しい・・」と胃薬を飲んでベッドに横になったのが最後、起きたら9時! 

やばい・・・またやってしまった。どうにか今11時半なのですが・・・私眠れるのかしら?眠気はバッチリなんですけどね~。んーどうなることやら・・

で、今日は昨日見つけた興味深い記事を1つ・・・

花粉症ほどメジャーではないが、ペットの抜け毛やホコリが原因のアレルギー性鼻炎に年中悩まされている方も多いだろう。今はさまざまな抗アレルギー薬があり、以前より対処しやすくなっている。それでも、薬は使いたくないという方にユニークな治療法を紹介しよう。なんと、二酸化炭素でアレルギー症状を改善しようというのだ。

この治療法は、片頭痛やアレルギー性鼻炎の治療薬を開発している米バイオベンチャーの支援で、地道に研究が続けられていたもの。今年8月に報告された米国内での臨床試験では、アレルギー性鼻炎の患者に高濃度(流量10ml/s)に調節したガスボンベのノズルから、二酸化炭素を10秒間鼻腔内に投与した結果、投与30分後に鼻水、かゆみ、くしゃみ、涙目などの症状が改善し、効果が4~6時間持続したと報告されている。副作用は鼻の不快感や涙目、頭痛などだが、ガスの投与に伴う一過性のものだった。

アレルギー性鼻炎の症状改善によく使われている点鼻薬にも劣らない効果で“究極の自然療法”誕生か? と言いたいところだが、課題が二つ。一つはなぜ、二酸化炭素が鼻炎症状を抑えるのか? という根本がわかっていないこと。もう一つは、二酸化炭素投与中に相当の不快感があることだ。前者は既存の医薬品でもままあるので目をつぶるとして、後者は見過ごせない。今回の試験でも、二酸化炭素療法を受けた患者のじつに8割が“Discomfort”としている。

確かに鼻にノズルを突っ込まれて二酸化炭素の刺激を受けるのは苦痛だろう。しかし、一般的に点鼻薬で使われているハンディタイプの噴霧器では、効果を期待できる量を投与できない可能性があり、現時点では大がかりなデバイスを使わざるをえない。臨床応用への道のりは遠そうだ。

とはいえ、季節性のアレルギー性鼻炎とは違って、通年性では薬の長期使用による副作用がいちばん気になるところ。長期的な安全性が期待できる治療法は魅力的だ。なんとか実用化にこぎ着けてほしいと切に願う。

へえ~。私も実用化にこぎつけて欲しいと切に願うなあ・・・。そういや、昔健康ショーでサンプルに海水を鼻に「シャー」っと噴射するスプレーをもらったけど、あれ効きましたね。でもね~咽喉エリアに海水かけているので、ものすごくDiscomfort(不快)だし、Disgusting(ゲロって感じ)だし。良薬は口に苦しってことなんですかね・・・このアレルギー日本だとほぼ出ないんですよ~~~。やっぱり日本が私に合ってるんだ~~!帰りたい・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)