今週も無事に終了しました~ で、腰はというと・・・まあ、とにかく今週も色々ありました。

前回のブログでもうこの痛みには耐えられないので、神経ブロック注射を打つ!と意気込んでいたわけですが・・・神経ブロック注射をしてくれるクリニックに電話すると「レントゲン・CTスキャン・MRIのどれかの結果のレポートをこちらに送ってくれないと、先生には会えない」と言われる始末。せっかく数週間前に若い韓国人の先生にレントゲンをスキップしてもらったのに結局レントゲンが必要な破目に・・・ふぅ ってことで火曜にレントゲン撮影用紙をもらいにまた診療所へ・・・

レントゲン撮影用紙を貰うことはできたのですが、本当ならその先生から直接神経ブロック注射クリニックに紹介状とともに送ってほしかったのですが、なんと今回のインド人の先生「僕にはその神経ブロック注射が君に適切なのかわからないから紹介状はかけない。何も考えずに君を紹介して万が一のことがあったときには僕にも責任が生じてくるから、そんなにたくさんのアポなしで会える診療所ばかり行ってないで、ファミリードクター(要は自分のかかりつけの先生)に会いに行くべきだと思う」と・・・

さらには「色んな先生が色んな薬を処方してくれるけど、どれも全然効かない!」と文句を垂れた私に「先生によって色々勧めるものも違ってくる。とにかくファミリードクターの意見を聞くのが一番」とごもっともなご意見をされ・・・ 明後日月曜にファミリードクターに会って来ます。ファミリードクターと言っても・・・ばにーさんに紹介され・・・トータルで会った回数は15年で10回程度。いつも超忙しくて2時間近く待たされるので行きたくなかったのですが・・・あさっての月曜に予約取ったので行ってきます。

でも色々奔走している中でいくつかわかったことがありました。

1日のうちで痛みの度合いが変わるような症状の場合、突出して神経につきささったヘルニアが周りの組織に吸収されていくらしく、そういうわけで何も処置をしなかったとしても今の痛みは5年後には間違いなくなくなっているし、半年後でもおそらく高確率で痛みはなくなるだろうと・・・さらには処方されている日本で言う処のボルタレン(モルヒネ一歩手前の強い鎮痛剤)は完全に痛みを消しはしないが効いている

など。痛みは治まっていく可能性が高いと分かって本当に嬉しかった・・・20年以上前にも椎間板ヘルニアがを発病して、神経ブロック注射も何もしていないのにどうして痛みから解放されたのかどうしても思い出せなかったんだけれど、結局はこういう流れなのかなと・・・

で、肝心の薬ですが・・・今飲んでいるボルタレンは超強い鎮痛剤で飲んだ人は痛みを感じずに、却って症状を悪化させるというような記事も読んだので、痛みが完全に消えるものかと思っていたのですが・・・私の場合違うみたいで。でもとにかく寝る前に飲めば、朝の激痛からは80%解放されていることが確認できて・・・はぁ、本当に希望の光が・・・それに先週久々に遊んだクミちゃんからは”久美ちゃんの命綱の鎮痛剤であるロキソニン(椎間板ヘルニアにも効く。ボルタレンの前のレベルの鎮痛剤”を少し分けて頂いて・・・これが効く効く・・・ 本当に嬉し涙がでそうです。

なので、寝る前にはボルタレン。朝薬が切れて耐えられなくなったらクミちゃんのロキソニンで昼間の仕事中をカバー。その後もどうしても痛ければ、日本から持ってきたEVEを服用・・・と。

でも本日土曜日。今朝11時頃昨晩服用したボルタレンの効果が切れて痛みが戻ってきたものの、なんとか我慢し午後にはSさんと息子君2人とワンちゃんの空君でお散歩にでかけたら気分転換になったのか痛みが強くなることはなく、現在夜中の1時半ですが薬は飲んでいません!! はぁ・・・嬉しい。

今までのように24時間。来る日も来る日も痛みばかりだと本当に目の前が真っ暗で、希望も持てない感じでしたが・・・少しの時間でも痛みから解放されると、痛いときに飲める薬がある。それまではちょっとの痛みなら我慢しようという前向きな気持ちにもなれることがわかりました。はぁ・・・本当に良かった・・・このボルタレンをもう少し飲み続けても問題がないなら神経ブロック注射は要らないかも・・・と今は思っています。あとはSさんのご主人推薦の針治療や、理学療法なども視野にいれようかなと・・・ようやく痛みの最悪の峠を越えられたのかもしれません・・・

多くの皆さんに本当に心配して頂いて・・・私も本当に辛くて弱音を一杯吐いてしまったのですが、どうにか少し前向きになれています。寝る前のボルタレンが効く限り頑張れそうです。ありがとうございます!ではもうすぐ寝ます。おやすみなさい~ 皆様も体には気を付けて良い週末をお過ごしください~





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)