非常識

前回のブログに書いた日本人のお医者さんですが・・・新患者は受け付けていないそうで・・・ 結局椎間板ヘルニアの件は進歩がありません・・・昨日、こちらの腰痛・筋肉緊張をほぐす薬を買ったのですが・・・なんか効かない・・・うーーーん。日本の痛み止めは効いたんだけど・・・う~ん。やっぱり前から通っていたクリニックへ行ってみようと思います・・・1回の診察で1つしか相談できないなんて規則もないところなので・・・ふぅ。

さて・・・今週もしっかり五連勤しまして本日休み2日目。明日から最後の5連勤がまたスタートします。な・ん・で・す・が・・・5連勤目の水曜日、衝撃的な・・・もう怒髪が天をつくような事件がありまして、本来ならいつものように仕事を軽めに流しでやり過ごす予定でしたが、この事件のせいで体はヘトヘトのクタクタ。頭は怒りで煮えたぎるという状況になりました。何があったかというと・・・

現在お店のマネージャーが休暇中の為・・・日頃の注文は予め不在の間をカバーできる量をすでに注文しておき、それでも足りない売れ筋商品は必要に応じて私ともう一人のスタッフで注文するという流れになっていたのですが・・・問題の水曜の午後に私が注文を入れたラーメン9ケースではなく、それを5倍くらい上回る莫大な量の注文が届いたのです。

ということで問屋の営業さんへ今届いた莫大な量の品々は何なのか?と電話したところ「この前注文を取りにお店に行ったけど誰もいなかったので、社長に店内を確認して(自分で)不足分を補充する形で注文をいれてよいか尋ねたところOKと言われたので、自分で注文をいれた」と・・・耳を疑うとはこのことです。どこの営業が勝手に人の店の不足分を補う量を注文できるというのでしょうか?? 全く理解不可能な出来事に私怒りが一瞬で沸点に到達。

結局口論した末に「お店のマネージャーが帰ってきたら3人で話そう」という訳の分からない提案と、とにもかくにも「社長から自分はOKと言われたんだ」の一点張り。ここで争い続けてもしょうがないので私も怒りを抑え電話を切り、まずは肝心の社長に事の顛末を説明し、本当に許可をだしたのかの確認。すると・・・「もちろんうちのスタッフと一緒に注文はいれてくれて良いと言ったよ」と・・・そりゃそうですよね・・・営業が勝手に注文を入れられることがまかり通るなんて・・・どう考えても、常軌を逸脱しているとしか思えませんよ、こいつの考え方は・・・

ということで、こうなったら・・・100歩引いて賞味期限の近くないもの。賞味期限内には売れるだろうと推測されるものを受け取り、その他すでに在庫過多。あるいは売れ筋ではない商品に関して返品することをマネージャーにメールをしてOKをもらい、昨日・・・私休みだというのにメールで

        緊急 返品の件

というタイトルで総合計の5分の一を返品したい旨のメールを送りました。内容にはもちろん社長は「営業が1人で勝手に注文して良いなんて言ってない。次回お店に来た時には会って話すと言っている」と軽~く強迫と・・・っていうか事実なんですけど・・・ということもしっかり記載して。すると・・・ふっふっふ・・・今日の朝「不便をおかけし申し訳なかった。今日の午後返品を取りに行きます」という返信が~  ムハハハ~ 私の勝利だわ~ ざまーみろ~~ この非常識野郎め~~ これでようやく水曜から3日続きで沸騰していた私の脳みそが冷えてきましたよ。本当頭にきましたからね~ 

ただ・・・予想に反してあまりに迅速に対応されてしまったために返品商品を今日勤務しているスタッフに伝えていなくて・・・今日は何も返品できず、結局月曜に全部を引き取りに来るそうです。月曜に私と対峙する度胸があるんだな・・・ふっ 本当にこんな非常識な営業は私がマネージャーだったら即取引中止だな、ったく・・・ しかし良かった、マネージャーが帰ってくる前にかたがついて・・・ふぅ

ではでは最後の5連勤、明日から頑張ってきます。皆様方は良い週末をお迎えください~



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)