プロフィール

Bunnymaster

Author:Bunnymaster
このブログの管理者、バニーマスターです
私達夫婦の旅の友(Travel Buddy)、ぴんきーの名前を借りて部屋を作りました。将来、カナダと日本の半々生活が送れるよう頑張っています。良い情報などありましたらいただけると嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


摂氏/華氏 温度変換器

最新コメント

フリーエリア

検索

カスタム検索

最新トラックバック

カテゴリ

最新記事

ブログランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

バナナ


欲張っておととい決済しなかった私のポジションたちは・・・薄利に・・・ とはいえ昨日まではマイナスに転落していたくらいなので、薄利でもプラスだったら御の字なのですが・・・そして本日、日本時間の夜中3時にはアメリカの大きな指標が発表されます・・・そこでドル高になってくれないと私のポジションが~ 決済されないかも~~ふぅ。ほんとおととい決済しておけばよかった。このショックで昨日も今日もトレードできてない・・・正しくは気が乗らないというのが実のところですが・・はぁ。な感じでチャートを睨み付けているのでブログは短めですが、ご了承ください・・・

お題はこちら・・・バナナで花粉症改善の可能性 筑波大研究グループ、くしゃみの症状緩和を確認

バナナかぁ、あんまり好きじゃないんだけどな~ 効くのなら食べるかな・・・

筑波大の谷中昭典教授らの研究グループはバナナを食べるとスギ花粉による一部のアレルギー症状の抑制につながることが、ヒトでの臨床試験でわかったと発表した。花粉症そのものを改善させるという結論には至らなかったが、くしゃみの症状は緩和されるという。

花粉症の治療は、一時的に症状を緩和させる医薬品が主流だが、眠気や口の渇きなどの副作用も指摘されている。一方で、食品による症状の予防を目指す研究については、効果などに不明な点が多く、予防法の確立までには至っていない。

研究グループは、ポリフェノールなどの抗酸化物質や、免疫調整作用を持つオイゲノールなどの香料が含まれるバナナに着目。マウスを使った実験で、アレルギー反応を抑制できることがわかった。このため、ヒトにも効果があるとみて、2013年2~3月に試験を実施した。

20歳以上で自覚症状の軽い患者26人にバナナを1日200グラム(2本)、/週間摂取させる試験では、食べなかった患者26人と比べて、くしゃみの症状が緩和されることがわかった。また、年齢や花粉症の重症度などで分類した試験では、35歳以下の患者にアレルギー症状の悪化を抑え、思考力の低下や憂鬱感などを防ぐ結果が得られた。

谷中教授は「バナナに含まれる豊富なビタミンB6が脳内のセロトニン合成を促進させ、自覚症状の感受性を弱めたのでは」と仮説を立てている。

今後はアレルギー症状抑制メカニズムの解明とともに、より効果的な摂取方法などについて検討していく予定。


詳細はこちらをどうぞ・・・
http://zapkun.net/1131.html

ではでは・・・

スポンサーサイト

教訓 ≪    HOME    ≫ わがまま

Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


教訓 ≪        ≫ わがまま