プロフィール

Bunnymaster

Author:Bunnymaster
このブログの管理者、バニーマスターです
私達夫婦の旅の友(Travel Buddy)、ぴんきーの名前を借りて部屋を作りました。将来、カナダと日本の半々生活が送れるよう頑張っています。良い情報などありましたらいただけると嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


摂氏/華氏 温度変換器

最新コメント

フリーエリア

検索

カスタム検索

最新トラックバック

カテゴリ

最新記事

ブログランキング

フリーエリア

ぴんきーの部屋
日々の出来ごとや、感じたことを書き綴った日記です
今日の胸の内
昨日、年末恒例福山君のライブ抽選の結果発表があったのですが・・・無事に当選しました~~ と言っても・・・実は私だけ落選。一緒に申し込んでくれたスミちゃんとユキコさんが当選したのです・・・私、本当に福山君のライブチケット全然自力で取れてない。ファンクラブ抽選ですら取れないって・・・何??呪われている??

ところで・・・ばにーさんがおととい帰ってきました。夜に帰ってきたのでちょっと遅くまで片付けなどをしていたので起きていたんですが、夜中の1時20分に自宅の電話が鳴るではないですか。携帯ならともかく家の電話ですからね・・・間違いか何かかと思いつつばにーさんが出ると・・・・あれ?何やら話してる? え?ジャパンって言ってる?? その後「電話だよ~ 日本から」と電話を渡され、いぶかしげにでてみると・・・電話先にいたのは17年前に絶交した元親友のCちゃん。

彼女とは小学校3年から6年まで同じクラス。中学校はバラバラのクラスでしたがもちろん仲良しで・・・高校・大学・就職と大人になるにつれて一緒にいる時間は減っては行きましたけど、間違いなく親友と呼べる人でした。そんな彼女と絶交したのは・・・ちょうど17年前に私がカナダにワーホリで滞在していた時のこと。もちろん親友なんで会いに来てくれたんですよ。ご主人と2歳にもならない娘さんを連れて。

Cちゃんとは海外旅行にも数回行ったことがあるのですが、変な持論があって・・・「金目のものをつけていると観光客と見られて犯罪の標的にされるから、海外にはできる限り汚い恰好で行く」というもの。で、今回のカナダにも普段着のまま。着替え2着ほどしか持ってこず・・・自分のものは持ってこなくても、もちろんまだ幼児だった娘さんには充分色々もってきたいと思うのが普通ですよね。だからご主人も着た切り雀状態だったと記憶しているのですが、とにかく娘さんのものだけはたくさん抱えてでやってきたのです。

とは言ってもさすがにおもちゃまでは持ってこず・・・友人家族3人は12畳ほどの私のワンルームの部屋に滞在したのですが、おもちゃがなく退屈になった娘さん・・・我が家の中で色々悪さを始めたわけです。手始めにペンをもち、壁のカレンダーに落書き・・・その後、私の電池式の目覚まし時計をいたずら。親二人は時差ボケもあってお昼寝中だったので、私テレビ見てたんですが・・・そのテレビのリモコンを操作してつけたり、消したり・・・なので、私そっと目覚まし時計を目の届かないところにおき、テレビのリモコンを高い棚の上に隠してみたんです。そしたら・・・

その一部始終を母親である友人Cちゃん見てたんですよ。で「ずいぶんひどい意地悪をするんだね」と・・・私はもちろん意地悪したつもりなんかないのでびっくりしました。でもその説明をする間もなく「Aちゃん(娘さんの名前)はさ、いつも遊ぶおもちゃもなく退屈してんだよ。この部屋にはなにもないし」と・・・なんだか私の部屋にAちゃんが遊べるものがないのがさぞ問題だというように聞こえたんですよね。それに・・・狭い部屋に入れられて・・・というようなことも言ってたんですね。

私としては3人のホテル代が浮くからと思って、不便を承知で自分の部屋を使わないかと提案していたわけで。それに・・なにより私の部屋におもちゃがないのを不満に思われる筋合いはないと思って、言い返したんです。「あのさ文句言うんじゃなくて、人の家にいるんだからしょうがないと教育するのが親ってもんじゃないの?」と・・・

そうしたら・・・彼女の顔が本当に般若のようになって「子供のねぇ、いないてめえに子供の教育のことでとやかく言われる筋合いはないんだよ」とすごい剣幕で言い返してきたんです。そんな言葉でびっくりしてご主人が目覚めると、ちょうど私の隠した目覚まし時計をみつけたAちゃん。思い切って壁に向かって放り投げたところ・・・時計が破損。「Cちゃん、目覚まし壊しちゃったよ」と慌てるご主人にCちゃん一言「しょうがないよね。弁償するしかないよね」と吐き捨て・・・

私この一連でものすごく傷ついたんですよ。怒るって気持ちは全然湧いてこなくて・・・ただただ小学校3年から一緒に20年近くいたのに見たこともないような顔と、信じられない言葉が親友Cちゃんの口からでたってことが。そして・・・2歳に満たない娘さんの存在が私たちの20年を吹き飛ばすような、私の知らないCちゃんがこれからどんどんでてくるのかと思ったら本当に怖くなって・・・震えました。手も。体も。

その後は翌日3人はホテルに移動。もちろん私が送って行きましたよ。そしてその2日後くらいですかね・・・日本に帰るときも空港まで送って行きました。何やかんやいっても私に会いに3人で大金はたいてきてくれたんだし・・・それより今回送ることが私とCちゃんとの友情の最後だと直感的に思ったからです。それを感じ取ったのか、娘のAちゃん空港で私にしがみついて泣きましたよ。母親であるCちゃんが「○○(私の名前)ちゃんと離れたくないなら、ここに残るの?」と怖い顔で聞きながらゲートをくぐって行ったのが私が見た3人の最後の姿となりました・・・

それでも・・・もしかして旅行中は疲れていたのかも・・・という希望的推測で日本に帰ったCちゃんに手紙を出しました。「やっぱりあの時のあなたの態度は間違っていたんではないのか?」と。でも彼女からは「私のママ友に聞いたけど、みんな私は間違っていないって言った」と返事がきて、本当にこれで終わったなと確信したのですが・・・あれから17年、時折彼女電話かけてくるんですよ。で、許してくれ。ごめんなさい。っていうわけです。でも私・・・怒ってたわけじゃないんです。とにかくあの怒った、般若のような顔が忘れられない。あんな顔を見ることがまた起きるくらいならもう会いたくないと・・・はっきり言いました。でも5年に一回くらいの割合で電話がくるんです(笑)

そして今回も6年ぶりの電話でした。今回は「手紙も返してくれないんだ?」という会話から始まり・・・手紙?そんなもの受け取ってないけど・・・という感じで話が進んで「とにかく謝るから許してほしい。もう人生も半分過ぎたと思う。このままの関係で死ぬのは嫌だ」と電話口で泣くんですよ。申し訳ないけど笑ってしまった。でも・・・とにかく私からは一度も連絡なんて取っていないのにCちゃんは5年に1回でもなんでも、こうやってわざわざ英語も話せないのに連絡をくれる。しかも・・・何度も私が冷たく返事しても諦めず連絡をしてくる・・・それは確かに嬉しいことでした。

なので・・・私も怒っているわけじゃないんだし。もう一度会ってみようかと思って・・・もう許すから泣かないでよ。と伝えてみました。その後は・・・最近習得したという(驚)携帯からのメールのやりとりで毎日ラブラブメールが来ます(苦笑) 嬉しくて興奮して眠れなかったとか。なんだか時間が逆戻りしたみたい。日本とカナダと離れている気がしない(ほど近く感じる)とかディズニーランドかどこかへ一緒に行きたいとか(苦笑×3)

正直なところ・・・私は17年間のわだかまりが溶けるのか・・・どんな顔で今度会うのか。どんな話ができるのか・・自信はないんです。お互い17年間でずいぶん変わってしまったと思うし。私は特に変わったと思います。それまでは本当にCちゃんばかりと一緒につるんでいたのに一人で海外へ旅立ったわけですから・・・異国で暮らして変わらないはずがない。でもとにかく、また友達になれればと思っていますが・・・どうなるんだろ・・とにかくまあ、前向きにとらえようと思ってます・・・今日はすっかり長くなってしまいました! この辺で・・・おやすみなさい

スポンサーサイト

コメント

やっだ~!
17年はおろか、もっとずーっと前の頃とあなたは全然変わってないわよ!

見た目もかわらないんだから、すごいよね!!

ずーっとそのままで、よろしくてよ。v-10v-218
[2014/10/15 12:58] URL | ゆきちゃん #- [ 編集 ]


ゆきちゃーん、コメントありがとう~
え?つまりは・・・17年のわだかまりなんて消えるよ~って言ってくれてるの?!いや~ 私結構傷ついたんでね~ 正直わかんない・・・デヘ
[2014/10/15 13:43] URL | ゆず #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bunnycage.blog114.fc2.com/tb.php/1497-29835bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)