難題

最近これにハマっています。マクドナルドのマックフルーリー オレオ
s-720141.jpg

日本でどのサイズがあるのか分からないのですが、これはスナックサイズといって一番小さいやつで、お値段は250円。ばにーさんも同じくスナックサイズでスマーティと呼ばれる、m&mのチョコ。あるいはマーブルチョコレートのようなものを砕いてまぜたものを注文。ちなみにちなみに・・・本日は20度もなく寒い日曜です。これは昨日の食料買い出しの時に食べました♪
s-720142.jpg

で現在日曜の午後3時半。今週の為替市場もオープンしました。ウクライナや、イスラエルの地政学的リスクをはらんでのスタートですが、取り敢えずいつものような・・・・静かな幕開けです。これが事態の一進一退によって大きく動くので、今日は世界ニュースとチャートから本当に目が離せません・・ふぅ

ところで・・・私が毎日読んでいるトレーダーのサラさんのブログに、こういうことをするとFX会社から口座凍結。解約?されちゃうよ~という内容が載っていました。もちろん私には全然そんな心配は要らないのですが、とにかくこういう動きは危険ですよ~ の一例


やってはいけないスキャル
●大ロット(100万通貨~)でトレードする
●1日50回以上トレードする。
●1−2p抜きを繰り返す
●同じ時間帯で頻繁にトレードをする
●指標の乱高下だけを狙う
●数秒間の売買


簡単に解説すると・・要は100万通貨ということは、為替の動きの単位である1PIP(ピップと呼びます)で10000円動きます。ということは・・・1~2P(ピップ)を取りに行っても1回で1~2万の儲けがでるわけです。それを数秒単位で終結し、1日50回以上トレードする・・・=1日に50万から100万稼げるというシナリオ。

指標の乱高下っていうのは、各国の経済指標発表は通常アナリスト達の予想があるので、その結果との乖離などがあれば、乱高下ってことになるのでそのおそろしくレートが動いているときにトレードしに行くってことですね。結果次第では50Pとか動いたりするので、そこで1~2P取るのは簡単なのでしょうか・・・私は恐ろしくてできませんけど。

でもまあ、そんなブログを読んでいて・・・こういうことが一度でも上手くいくとはまっちゃうんだろうなあ~と思います。それに・・本来はFXってレバレッジ(てこの原理という意味ですが、FXの場合は小さな資金で大きなお金を動かすことができることを意味します)を使ってするものなので、レバレッジを使わなければFXの意味がない・・・

今私がやっている方法では本来のFXの醍醐味はまったく活用できていない・・・それは分かっているのですが「だよね~ じゃ、大きくやってみるか~!」とはなかなか踏み切れないもので・・だって、稼げる可能性はそのまま損失の可能性でもあるわけで・・諸刃なんですもん、チャンスが。でもそっか、だからこそ見極めでその諸刃が限りなく諸刃でないときにトレードするってわけですか~。それが見極められないトレーダーは大きく掛けてはいけないんだ・・・やっぱり私はまだダメかも。

これは難題です。早くクリアしたい問題です・・は~頑張りまーす。先週は久々にマイナス収支!きゃー チャート睨み付けていたいのですが・・・バルコニーを掃除中のばにーさんから「僕が汚くなりながら掃除中に、誰かさんは部屋でぬくぬくしてる」と嫌味を言われたのでちょっと手伝ってきます。そもそもこのバルコニーがこんなに汚いのはばにーさんのがらくたが所せましとおいてあるからじゃん!と言いたいところですが・・・ケンカしてもしょうがないので行ってきます。ではでは!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)