プロフィール

Bunnymaster

Author:Bunnymaster
このブログの管理者、バニーマスターです
私達夫婦の旅の友(Travel Buddy)、ぴんきーの名前を借りて部屋を作りました。将来、カナダと日本の半々生活が送れるよう頑張っています。良い情報などありましたらいただけると嬉しいです!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


摂氏/華氏 温度変換器
最新コメント
フリーエリア
検索
カスタム検索
最新トラックバック
カテゴリ
最新記事
ブログランキング
フリーエリア

やっぱりANAで♪

ぼっくり 

s-DTTANK.jpg

昨日・・・誕生日にばにーさんからもらったミニ水槽をいよいよセットアップしてもらいました♪ ベストショットが撮れたのはBETAという・・・こんな言葉があるか分からないけど、闘犬ならぬ闘魚。闘うときはこのヒラヒラしたヒレを広げて威嚇するのです・・・凶暴で水槽の他の魚追っかけたり、悪い奴なのです。

ちなみに・・・この水槽でBETAを飼うわけではありません。ここには小エビとコリドラスという魚の赤ちゃんを入れる予定なのですが、これらの生物が生きるために必要なバクテリアなどを得るためにBETAとガッピー2匹という大人の魚を現在飼育している・・・というわけです。早く小エビ&赤ちゃんコリドラス 来ないかな~~♪

ところで、そしてそして・・・前回のブログにアップしたANAの無料預入バック23キロ1つの話の続きです。ちょっと調べたところ・・・なんと、23キロ1つ目までは無料。そして同じく23キロまでの2つ目の預け入れには9000円がかかるようです。でも!1つ目の無料分スーツケースが重量オーバーの場合・・・32キロまでは+5000円で良いそうです。

      それ・・・使えるかも。

現在私が使っているスーツケースはアメリカで買った5000円のちゃちいもの。正直半壊してるのですが(取り敢えず実家の父に応急処置はしてもらい済)とにかくでかい(高さ90センチ・横60センチ・幅25センチくらい)それゆえ・・・一度はミニスーツケースをその巨大スーツケースの中にいれて旅行に行き、帰りは2つのスーツケースで帰ってくる・・・なんてことが可能なくらい。

もしこのスーツケースに32キロまで入れて良いということであれば・・・私たぶん必要なもの全部入れられます。正直背の低い私が23キロの荷物2つ抱えて帰るのがどれだけ大変か・・・(32キロ1つでも死ぬほど大変ですが) それが1つに収まって・・・入らなかった分32-(23+23)=14キロ分の荷物は手荷物として・・・或はチビスーツケースで機内持ち込みしてしまえばいいんだし・・・

っていうかそもそも丸々46キロを持って帰ってきたことなんてないはず。スーツケースは23キロ・・・せいぜい2つ目はレスポの布バックだし・・・肩から下げれる限界、15キロくらいかなあ・・・と思うと、まあその15キロを機内にもっていけば良いわけで・・・。ただ、手にもって空港をウロウロするのも嫌だから預け入れちゃってた次第で・・・うーん、そう思うとANAでも悪くないかも?

預入荷物の超過料金が5000円なら、ちょうど昨日考えていた成田と羽田から実家までの交通費の節約分でとんとんだし・・・それよりなにより、出発の日が夕方5時近くまでカナダでの用事ができ(早起きも不要)・・・カナダに戻る日も出発が夜9時半なので、家族と夕飯まで食べれてしまうという素晴らしさ。そして飛行機の中は夜中=どんなに飛行機の中で眠れない私でも3時間くらいは眠れるのではないか?という希望・・・良いね、ANA。やっぱりこれからはANAだな。ANAマイレージカードもあるし。ああ、ANA使って帰るの楽しみ~~ いつになるんだろ~~









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード