寝るだけダイエット!

PD2.jpg

今回は日本に帰れなくなってしまったけれど・・・もう半壊している私のスーツケース。クリスマス商戦で安くなったら買いたいなあ・・と期待しつつデパートへ出かけたら、こんなの発見。目立つ色。超軽量でしかーも大きい。そして現在150ドル。うーん、欲しい・・けどもっと安くなってくれー 黒だともう少し安くなるみたい・・といっても120ドルくらいですけど。うーん。引き続きチェックします。現在のが壊れるのは時間の問題なので・・・

suitecase.jpg

さて!こんなステキなメルマガが届きました~~~ 寝るだけダイエット~~♪

理想的な睡眠時間は何時間でしょうか?
十分な睡眠は取れていますか?

睡眠不足は健康にも良くありませんが、肥満になる確率も高くなるという報告があります。平均睡眠時間が4時間 以下の人は,望ましいとされている平均睡眠時間7時間の人に比べて73%も肥満になる確率が高く,睡眠時間が5時間の人は50%,睡眠時間が6時間の人は23%肥満になる確率が高いという、コロンビア大学が行った調査結果があります。

また、スタンフォード大学が30~60歳の約1000人を対象にした研究では、平均睡眠時間が5時間の人は、同8時間の人に比べて、満腹感を脳に伝えるレプチンというホルモンが低下し、逆に空腹感を脳 に指令するグレリンと いうホルモンが増加していることが分かりました。うーん、なるほどという感じですね (´・ω・`)

このような研究結果があるせいか、アメリカでは「睡眠ダイエット」という痩身法があるそうです。疲れる運動や、厳しい食事制限をしなくて済むなんて、なんと理想的でありなんとずぼらなダイエット法だろうと思いますね(*^ー^)ノ

それでは、睡眠ダイエットをご紹介します。

ブルース博士が人気女性誌の協力でアメリカ女性を対象にした実験によると、食生活や運動習慣は変えずに毎日7.5時間睡眠をとったところ、10週間後には約1.5kg~8kg体重が落ちたそうです。ここで、注意しておく事は、「食生活や運動習慣は変えず」という条件でしょうね。対象者は適度な運動習慣があったのではと思います。

ブルース博士によると、レム睡眠(浅い眠り)は、起きているときより多くのカロリーを消費するとの事です(^O^)

睡眠は90分間を1サイクルとしてレム睡眠とノンレム睡眠(深い睡眠)を繰り返します。入眠から最初の3時間はノンレム睡眠の占める割合が高く、その後はレム睡眠が長くなるそうです。この状態のときに沢山のカロリーが消費されるのですね(^ε^)。

ただし、ダイエットが期待できるのは5サイクル(7.5時間)で、それ以上眠っても、効果はないそうです。寝すぎの人は基本的に運動不足の人が多せいか、肥満の原因となるそうです。

【睡眠ダイエットの成功の秘訣】
1. 規則正しい睡眠
   起床時間を決めて、7.5時間を逆算して就寝時間を決め、習慣化する。理想的な睡眠時間は個人者があるの   で、寝る時間を15分づつ前後させ気持ちよく目覚める時間を探す。
2. 午後2時以降はカフェインを取らない
3. 寝る3時間前はお酒を飲まない
4. エアロビクス、水泳、ランニングなどの有酸素運動は4時間前に終える。眠る前の運動は、リラックスできる  ヨガやストレッチにする。
5. 毎日15分、日光を浴びる 
  日光は体内時計をリセットし、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を整えます。特に意識しなくてもよほどの事  がない限り、15分は自然に浴びていると思います。

いかがでしょうか?良い睡眠は美肌効果があり、免疫力もアップします。

だそうです・・が、冬のバンクーバーは雨ばっかりなので15分の日光は浴びないな~。冬はやっぱり日本だな、そうだそうだ。スーツケースも買える様、トレード頑張らないと・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)