プロフィール

Bunnymaster

Author:Bunnymaster
このブログの管理者、バニーマスターです
私達夫婦の旅の友(Travel Buddy)、ぴんきーの名前を借りて部屋を作りました。将来、カナダと日本の半々生活が送れるよう頑張っています。良い情報などありましたらいただけると嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


摂氏/華氏 温度変換器

最新コメント

フリーエリア

検索

カスタム検索

最新トラックバック

カテゴリ

最新記事

ブログランキング

フリーエリア

ぴんきーの部屋
日々の出来ごとや、感じたことを書き綴った日記です
思惑が・・・
ぼっくり2

オバマ大統領が2期目当選のようですね~。ということは円高になるのか~っとがっかりしていたら、あらびっくり。思惑が嬉しいはずれで現在超円安方向に動いていますよ。いいじゃないですか~~。豪ドル85円以降とカナダドル88円以降は私の3年ものの塩漬けがありますからね、そろそろ解消したい

ところで、この前韓国のインスタントラーメンの発がん性物質の話の記事載せたのですが・・・今日はもっと衝撃的なものみつけました!! かなり長めです・・・

サムギョプサルから出る発がん物質はラーメンの1万倍

ベンゾピレンは強火と油が組み合わさった時に最も多く生まれる。特に脂肪が火と出会ってできた煤煙は発がん物質のかたまりだ。 (中央日報日本語版)サムギョプサル(三枚肉)に焼酎を楽しみ、ラーメンのスープで口直しをしていた友人。ある日ラーメンは食べないと箸を置いた。発がん性物質のためとのことだ。最近即席ラーメンからベンゾピレンが検出されたというニュースを見たといい憤慨していた。

だが、彼が拒否したラーメンには1個(約600グラム)当たり0.000005マイクログラムマイクログラムのベンゾピレンが入っているだけだ。ならばその友人が好むサムギョプサルにベンゾピレンは入っているだろうか。消費者保護院の資料によるとサムギョプサルを少し黄色くなるまで焼くと1キログラム当たり16マイクログラム、カルビを強く焼けば最高480マイクログラムのベンゾピレンが検出された。

ベンゾピレンは私たちがなにげなく食べている食品に多く含まれる。焼き魚、サムギョプサル、フライドチキン、ポップコーン、ごま油、カモの燻製などが代表的な食品だ。食品安全研究院の資料によるとフライドチキンとポップコーンに含まれるベンゾピレンの量は1キログラム当たり平均0.3マイクログラム、焼き魚は0.1~0.3マイクログラム、ごま油とサムギョプサルは0.08マイクログラム程度だ。サムギョプサルを食べればラーメンを食べるより1万倍多いベンゾピレンを摂取することになる。

空気中にもベンゾピレンは多い。韓国の大気中の平均ベンゾピレン含有量は1立方メートル当たり0.35マイクログラムだ。だが、自動車が多い所では基準値を上回る。南山(ナムサン)1号トンネルのベンゾピレン量は一般大気の30倍だ。安全だと考える漢方薬、コーヒーやピーナッツ、粉ミルク製品などにも微量だがベンゾピレンが入っている。漢方薬の基準値は1キログラム当たり5マイクログラムだ。

問題はベンゾピレンを多様な経路で摂取または吸入しているということだ。強火で焼いたり揚げ物を好み、たばこと料理の煙、大気汚染にさらされている人はさらにそうだ。

ベンゾピレンは脂肪組織に蓄積される。特に腎臓、肝臓、胃など消化器系臓器に影響する。たばこや大気中に含まれるベンゾピレンは主に呼吸時に呼吸器に入り肺に影響を及ぼす。これは血液に乗って体内を回り細胞の突然変異を作り結局がんを引き起こす。

もちろん体は発がん性物質の活動を抑制する免疫体系と解毒器官がある。微量の毒性物質は体が自ら解毒し何ら問題はない。だが、一度に多量の発がん性物質が入ってきたり、少ない量でも持続的に摂取すると発がんの可能性は高まる。特に家族にがん患者がいたり遺伝的に発がん性物質に弱ければ留意しなければならない。

ベンゾピレンはどのように減らすことができるだろうか。

まず直火焼きは必ず避ける。炭火はガスレンジより食品の温度を約2倍速く上げる。肉の表面に膜を作り肉汁を保護しおいしく感じられる。油もよく抜ける。だが、はるかに多くのベンゾピレンを食べる覚悟をしなければならない。消費者保護院によると焼き網での炭火焼きが鉄板での調理法よりベンゾピレン検出量が20倍多かった。肉を焼く時はフライパンを使うのが良く、焼き網を利用してもホイルを敷いたり脂身を最大限除去して焼くのが望ましい。時間も重要だ。通常、強火で15分以上加熱するとベンゾピレンの量が大きく膨らむ。電子レンジでさっと加熱した後に焼けばベンゾピレンは減る。

2番目は常に野菜と果物を一緒に摂取すること。抗酸化成分がベンゾピレンの発がん作用をある程度防ぐ。特にトマトと梨は脂っこい肉と最高の相性だ。リコピンはがん細胞の変移を防ぎ肉のような酸性食品を中和させる。よくステーキに煮込んだトマトが添えられる理由だ。梨も良い。最近のソウル大学のヤン・ミヒ教授チームの研究によると、バーベキューを食べた後に梨を摂取した人はベンゾピレンの血液内含有量が大幅に減った。

3番目に媒煙の臭いが激しいところではマスクをして呼吸器から直接吸入される量を減らすこと。毎日30分以上の運動、1日3食しっかり食べる習慣もまたがん遺伝子を「OFF」の状態で固定するのにつながる。




ひえー。なんてこった!! ラーメンどころじゃなく、サムギョプサルまで食べれないよ~~ ごま油も大好きなのに・・・。電子レンジでちょっと加熱? マジで??? 電子レンジはダメだとばにーさんなんか使わなかったけど、焼きすぎよりマシとは・・・びっくり。今度から気をつけよう・・・皆様もどうぞお気をつけください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bunnycage.blog114.fc2.com/tb.php/1139-2ffa1c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)