発がん性物質

コース



昨日ネコのびストレッチやりました! バカにしてたんですけど意外と大変でした。というのも四つんばいのポーズで息を吸い込むのが苦しい! ゲホゲホして息が吸えない・・・ そしてゴホゴホしながらふと私ちょっとアレルギーの正体が分かった気がします。



もちろんアレルギーを起こす物質(アレルゲン)によって引き起こされてるんですけど、多分カナダの空気がすごくドライすぎて・・・すでに私の鼻腔を常時刺激している、弱い状態にしてると思うんです。なのでそんな些細な花粉とかがさらーっとドライな鼻腔を滑るように入ってきちゃうんではないかと。最近超寒いカナダの空気を吸い込む度に大きなくしゃみが出続けるので・・・あれ?と思った次第です。だから・・・湿度の多い日本ではくしゃみがでない・・・すごーく Make sense(意味が通る)です・・うん。やっぱ・・カナダの空気が合わないんだ~~空気が合わないって言うけど、本当にそうなのね~~ とちょっと感心 



さてさて・・数日前にこんな記事が出たの知ってます? 韓国の農心という食品会社からのインスタントラーメンに発がん性物質を使っているとか!



韓国・農心のラーメンに発がん物質、日本・台湾で回収命令
農心(ノンシム)のインスタントラーメンから発がん性物質が検出されたことを受け、波紋が海外に広がっている。台湾保健当局が直ちに回収命令を出したのに続き、香港などでも回収要求の動きが出ている。



台湾行政院衛生署は25日、「ノグリラーメン」などベンゾピレンが検出された農心の製品に対して回収決定をしたと明らかにした。ただ、ベンゾピレン検出量は微量であるため、強制回収措置は取らないことにした。台湾の大手スーパーも関連製品を陳列台から回収している。



香港では立法会議員が回収措置を要求した。ジェームス・ト・クン・ソン議員は25日、「韓国が回収命令を出したのなら香港もこれに従わなければならない」として回収を要求した。



中国ではこれが「辛ラーメン」に飛び火した。上海放送局の東方衛視は「韓国の辛ラーメンから発がん性物質検出。国内で販売中、まだ回収措置取られず」という記事を出した。共産党機関紙の人民日報も辛ラーメンなどの製品から発がん性物質が検出されたと報じた。問題になった製品には辛ラーメンが含まれていないが、農心の代表商品ということで混同が生じたとみられる。しかし中国で流通する製品は現地の工場で生産されるため、韓国の製品とは違う。



日本メディアも敏感に反応した。テレビ朝日は26日晩のニュースで、厚生労働省の関係者の話を引用し、「厚生労働省も輸入会社に対し、日本国内で流通するノグリラーメンを回収するよう指示した」と報じた。



◆ベンゾピレン(benzopyrene)=化石燃料が不完全燃焼しながら生成される1級発ガン性物質。人体に蓄積された場合、各種ガンを誘発して突然変異を起こす環境ホルモンとして挙げられている。主に加熱して黒く焦げた食品、タバコの煙、自動車の排気ガス、ゴミ焼却場の煙などに含まれている。







このノグリラーメンなのですが・・・韓国人の人に読んでもらったところによると「たぬきうどん」って位置づけらしいのですが・・・美味しいんです。これ・・キムチラーメンよりもちょっと辛くなくて・・・さらに麺がうどんだけあって、少し太くて・・・乾燥しいたけも結構大きいのが入ってて。このノグリラーメン・・・私一体累積でいくつ食べたろ・・・



カナダにワーキングホリデーで来た16年前から食べてますからね。かなりの数だと思いますふぅ。もう食べれないんだ・・ノグリ。しかし発がん性じゃあしょうがないですね。クリーンになって再びマーケットに登場してくれるのを待ってます・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)