プロフィール

Bunnymaster

Author:Bunnymaster
このブログの管理者、バニーマスターです
私達夫婦の旅の友(Travel Buddy)、ぴんきーの名前を借りて部屋を作りました。将来、カナダと日本の半々生活が送れるよう頑張っています。良い情報などありましたらいただけると嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


摂氏/華氏 温度変換器

最新コメント

フリーエリア

検索

カスタム検索

最新トラックバック

カテゴリ

最新記事

ブログランキング

フリーエリア

ぴんきーの部屋
日々の出来ごとや、感じたことを書き綴った日記です
これって あり?
Vernon.jpg



昨日の朝は空腹と時差ぼけでなんと4時40分起床・・・ってことも手伝い、今朝は9時間ほどの睡眠をとったのですが・・・現在夜8時半ですが眠いです。そしてカナダに戻ってきてからめっきり寒さに弱くて・・・今も寒くて仕方がないので暖かい飲み物を作り、靴下を履いてさらには毛布をお腹から下に巻きつけて坐ってます。日本の暑さと湿度に体が慣れてしまったのでしょうか・・・ああ サブイ。



すごーく眠いのに、ばにーさんは今日は仕事で出ていて・・帰りは11時頃だそうです。11時・・・ということは本当に帰ってくるのは1時頃でしょうか。ばにーさんの帰宅時間ほどあてにならないものはないのです。



はぁー一人で眠気と戦うのは厳しいなぁ~。テレビもね~眠いときの英語のテレビなんて・・・子守唄程度にしか聞こえないですからね。ゆずはベッドのしたに入ったきりまだでてこないし・・・。とりあえずブログ書き終えたら久々にHangame(ハンゲーム)の花札でもやってきます。で、そこそこ目が覚めたら動画でも見ましょうかね。



で今日のネタは・・・あのロバートキヨサキの会社が倒産だそうです!!!ひょえーですよ。ほんの数日前にセミナーの案内が来てたくらいですからね。こういうのって突然来るんですかね??



「金持ち父さん」はやっぱりしたたかだった 会社倒産しても「個人資産」はがっちり確保



ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の著者、ロバート・キヨサキ氏(65)がアメリカに持つ会社が倒産した。金儲けの方法を知り尽くしたはずの同氏の会社がいったいなぜ、とネットで注目を集めている。



米メディアでは、同社は、2012年4月に裁判所から約2400万ドルの支払い命令を受けていて、「個人資産を守るため」の計画倒産ではないかとも囁かれている。



■「個人資産を守るため」の「計画倒産」?



ニューヨークポスト紙はじめ海外メディアが2012年10月10日(現地時間)に伝えたところによると、キヨサキ氏の経営する会社の1つ、「Rich Global LLC」(リッチ・グローバル)が連邦倒産法第7章の適用を申し立てた。これは、日本で言う破産申請に相当する。



1997年の発売以来、世界中で2600万部以上を売り上げた『金持ち父さん貧乏父さん』を代表作に持ち、「金持ちになる方法を知り尽くした男」としてセミナーも支持を受けてきたキヨサキ氏の会社が破綻。まさか、資金繰りに詰まってのことでは――との推測がネットを駆け巡り、「これから何を信じればいいの…」といった声も出た。



しかし真相は別のところにあるようだ。「個人資産を守るため」の「計画倒産」との見方を、海外投資情報を幅広く発信するサイト「Market Hack」が12日に示し、「これは教科書どおりの処置」と書いた。米フォーブス紙も12日「戦略的なビジネスの選択」と表現、同様の向きは海外メディアに複数ある。



実はリッチ・グローバルは12年4月に米地方裁判所から、「Learning Annex」(ラーニング・アネックス)と同社社長に2400万ドル(約18億円相当)を支払うよう命じられていた。このラーニング・アネックスは、キヨサキ氏が無名の時代から、セミナーのアレンジをはじめとするプロモーションを担当し、「金持ち父さんブランド」をつくりあげた会社の1つだ。キヨサキ氏が正当な報酬を支払わなかったため、訴えを起こしたという。



■もう1つの会社で事業継続



つまり、キヨサキ氏は2400万ドルを負債として「踏み倒す」ために、リッチ・グローバルを「計画倒産」させ、自身のビジネスは別の会社「Rich Dad Co」(リッチ・ダッド)で引き続きおこなう、というのが大半の見方のようだ。



この考えを裏付けるかのように、リッチ・ダッドのCEO マイク・サリヴァン氏は10日、ニューヨークポスト紙の取材に対して、こう話している。



「ラーニングアネックスの焦りや苛立ちは分かる。リッチ・グローバルには数百万ドルしか残っていないし、金を会社の外から持ってくるのは無理だ。ロバート・キヨサキ氏とその妻キム・キヨサキ氏の個人資産から金を引き出すことはできない」



なお米サイト「Celebrity Net Worth」の試算によると、キヨサキ氏の個人資産は約8000万ドルと目される。投資での収入があるほか、現在もセミナーなどで活動し、10社ほどの会社の経営もしている。フォーブス紙によれば、ほとんどのビジネスはリッチ・ダッドを通じておこなわれていて、リッチ・グローバルが倒産しても痛くもかゆくもない状況のようだ。



これって・・・詐欺っぽく聞こえるのは私だけ?見損なったぞ、ロバート!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bunnycage.blog114.fc2.com/tb.php/1120-b95116e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)