アレルギー専門医に会う その1

ぼっくり 

今日は待ちに待ったアレルギーの専門医に会って来ました。ちなみに2人の先生と予約が入っていて、今日はアレルギーを起こす神経を見る神経科の先生。

私を見るなり・・・「鼻の手術は受けたことあるの?」と。「いえ、でもあんまり酷いので、カナダでできればカナダで受けたいと思うんですけど」と私。すると「いやいや、鼻を直したことはないの?鼻が細いから」と。どうも・・アジア系の割には鼻が細いらしい私・・・それでアレルギーでもこんなに苦しむのか!?

その後はカメラを鼻の中に入れて撮影・・・。予想通り鼻の中はかなり腫れていて・・・症状のひどい右側は本当にすごい腫れで、空気の通る道が超細かった・・・。「薬は何を使っているの??」と聞かれ、現在は何も効かないので何も服用していないが、1ヵ月半前までは日本の点鼻薬を使っていたことを話すと、「成分はどんな?」と・・・。日本語で書いてあるし・・・分からないと思うけど・・と言いつついつも常備しているので、化粧ポーチからひっぱりだし成分を読んでみると・・・

私のバリバリ日本語英語なのに、成分は聞き慣れているものばかりのようで「本当に、その成分全部入っているの?その点鼻薬に??」と超驚いている。先生の話によると私が日本の薬局で買った600円の点鼻薬は、「最初はいいけど、すぐ鼻が炎症を起こし腫れあがる成分ばかり」が入っているんだそうで・・・「それは絶対使ったらだめだ。もうお願いするから捨ててくれ」だそうです。ひーーーーーーー。マジで??

いやあ・・・やっぱり、あの点鼻薬だめなんだ。微妙にこれを使い出してからものすごく鼻の調子が悪くなったなあと思っていたんだけど・・・。気のせいかと思ったけど違ったんだ・・・がっくし

で肝心の手術に関しては、明日のアレルギー専門医その2の意見も聞いて考えよう・・・と。「日本に帰る予定があるなら、日本の先生にも聞いてみたら良いよ」だそうですが・・・むー。ちなみにカナダでも手術できるらしいです。ただ、日本のようなレーザーではなく、切開とのこと・・・

 「痕がつかないように鼻の中から切って、そのあとは1週間くらいタバコのようなものを鼻に入れておくんだけど、会社は行けないね。すごく体がだるくなるから・・・」だそうです。ま、それは覚悟の上なのですが、「やっぱり待ち時間ってありますか?」と聞くと、「もちろんだよ。そうだなあ、半年くらいかな。その後手術で治療やらなにやらで結局1年くらいはトータルで掛かるかな」だそうです。はぁぁぁぁ。

んー・・・。できればカナダのほうが国民保険でやってもらえるからありがたいけど。でもなー・・1年もトータルで掛かるなんて・・・地獄かも・・・。とにかく明日の専門医は朝9時のアポなので、また結果ご報告します。厄介だわー ふぅ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)