感謝の心

コース

昨日のリムジンバスの中でのぴんきーと、飛行機の中で読んだ本の写真をアップしようと思ったら・・できません。おかしいなぁ。なんで今回は日本の携帯からの画像がアップできないのか・・ん~。とりあえず、また眠くなってきたので、今日も残念ながら写真なしで・・

日本へのフライトの中で読んだのは・・・3月にバンクーバーへきてくれた高校時代のイクちゃんから借りた、浅見帆帆子さんの本↓アマゾンより拝借・・・
hon.jpg

自分のことを基本的には「現実的な人間」と思うんですけど、「すごーくスピリチュアルだな~」って思うこともあるので、この本のベースにあるスピリチュアリティは理解してると思うのですが・・・でもこの本でこれ、開眼しました。「感謝の心」です。

昔から運も強いと思うし、運良く生きてきたと思っています。でも、それは自分だけの努力や生まれつきのもの・・・って思っちゃいけないと。守護霊や守護神という存在があるからこそ、運良く生きてこれているのだ・・・その霊や神の存在を認識して、感謝していかないといけない・・・と。

目からウロコでしたね~。この本の内容を全部ここに書くことはできないんですけど・・・とにかく、すべてのことに理由がある。起こったことばかりでなく、起こらなかったことにも・・・すべては自分の背後にいる守護霊や守護神が良い方へ導いている・・あ、導いてるっていうのは語弊があるか・・んー説明しにくいですけど・・・

とにかくそういうような理由で、14年ぶりの日本の夏が今のところ「じめじめで辛いのは辛いけれど、比較的生きていけるような暑さと湿度」であることを「本当に運が良い人間だよ、ねーちゃんは」と弟はいいますけど・・私は見えない力が私を守ってくれてるんだ!と理解して感謝しています。今風邪も引いてますけど・・・健康であることも感謝したいし。1日無事に過ごせたことも感謝しないと・・と。そういう風に思っていくと、守護神・守護霊の力を高めて、ひいては自分の運気を高めることができるんだそうです。

この帆帆子さんの本よかったですよ。今回の本の他には、「あなたは絶対運がいい」とか、「あなたの運はもっとよくなる」とか出てます。また読みたいな~とも思いますけど・・基本は「すべてのことに感謝」です。もし興味あれば、皆さんも読んでみてください。
スポンサーサイト